FX(外国為替証拠金取引)とは

FX(外国為替証拠金取引)とは、様々な外貨の値動きを考慮して売買することで利益を得る取引の事です。例えば、1ドル=100円の時に10万円分ドルを購入したとします。手元には1000ドルありますね。これを、1ドル=110円になった時に円を購入すると、11万円になります。円とドルの売買を行っただけで、1万円の利益がでるわけです。(実際にはここから手数料等が引かれます。)

英語で、Foreign Exchangeと言う事から、FXと呼ばれるこの取引は株等に比べ少額から取引できる事、24時間取引できる事、「レバレッジ」という仕組み(後述します)から実際の資金の数十倍の取引ができる事などから、サラリーマンから主婦まで色々な人たちの間で爆発的な人気を得ました。FX 初心者な方でも簡単に入って行ける事が人気の秘密です。携帯やスマホでも取引ができる事から、いつでもどこでも手軽に取引する事ができるのも魅力的です。

さて、ではどこで取引すればよいの?という疑問ですが、取引は通常、FX業者、証券会社、銀行などに口座を開設し、「証拠金」と呼ばれるお金を預ける事で取引ができます。冒頭では、1ドル100円から110円に変動する例をあげましたが、10円もの値動きがあるのは極々稀な事です。

1円の値動きに数か月かかるのが現実です。そんなに長い時間をかけないと利益がでないのであれば、FXの魅力は半減してしまいます。そこで「レバレッジ」という仕組みが採用されているのです。手元に10万円の資金しかない場合でも、レバレッジを25倍に設定すると、250万円分のハイロー取引ができる事になります。

この場合1ドル100円から101円に変動しただけで、2万5千円の利益がでる事になります。ただし、このレバレッジ。利益が大きくなるという事は損失も大きくなります。欲を出し過ぎでレバレッジを大きくし、大きな損失を出した方々も沢山います。初めは5倍ほどから始める事をお勧めします。また、ワイバイナリーが2016年非常に元気ですが、そのほかでは初心者に定評を受けてるのがここ、24Optionです。

もう一つ、FXの魅力をあげるとすれば「スワップ」というものがあります。これは外貨を購入する事により、その国の金利を得る事ができるしくみです。たとえば、金利3%のオーストラリアドルを購入したとします。

その時日本円の金利が0.1%とすると、3%−0.1%=2.9%の金利がオーストラリアドルを保有している間毎日もらえる事になるのです。金利の低い日本の銀行に預けるよりも利率が良いので、「スワップ」を狙ってFX取引を行う人も沢山います。

 筆者もFXを初めて早5年。以前はほとんど気にしなかった経済情勢や、政治動向などのニュースを気にするようになりました。仕事の合間にスマホで取引する程度。資金も少なく、レバレッジも低く設定し、ローリスクローリターンで地道に取引をしていますが、月々のお小遣いは賄えています。FXで大儲けして脱サラした人の話を聞くと羨ましくなりますが、これから欲張らずFXを楽しみたいと思います。