XEマーケットの入金方法

海外の業者で取引を行う場合に、その入金方法で手間取ってしまうことも少なくありません。

バイナリーオプション 初心者のトレーダーにはもってこいのXEマーケットでは、トレーダーにできるだけ多くの選択肢の中から選んでもらいたいという思いから、全部で9つの入金方法を用意しています。

その9つの方法とは、「クレジットカード」「Neteller」「Moneybookers Skirill」「Liberty Reserve」「海外送金(電信送金)」「Western Union」「MOneyGram」「Webmoney」「China Unionpay(中国からの送金のみ)」となります。

ユーザーはこの中から自分にもっとも適した入金方法を選ぶことができるわけですが、その際にひとつ大きなメリットがあります。

それはこれら送金にかかる手数料を、すべてXEマーケットが負担してくれるという点です。もっと知りたい方は、FXオプション取引のナビサイトをクリックして下さい。

現在では多くのクレジットカードクレジットカード以外にも様々な電子決済の仕組みがありますが、利用したことがある人ならご存知のとおり、これらには手数料が発生します。

たとえば「Neteller」の場合だと、1回の取引にあたって最大で3.9%、さらに最低で1USDの手数料が必要になります。

「Moneybookers」の場合だと1回の取引で最大1.9%プラス0.41USD、33.28JPY。「Liberty Reserve」だと決済にあたり0.01〜2.99USDが手数料として発生してしまうのです。

決済する金額によっては馬鹿にならない費用となるのです。

海外送金(電信送金)の場合は、この比ではありません。もちろん細かい金額は銀行によっても異なりますが、4000〜6000円の手数料がかかってしまうことになります。

こうなってくるともはや決済をするのが恐ろしくなる金額です。

このような手数料が、XEマーケットを通じて手続きを行うことで全て口座に戻ってくることになります。

それではここで、多くの人が利用するクレジットカードによるXEマーケットへの入金方法(Trading Point)をご紹介します。

海外の業者とは言え、操作画面は全て日本語となっておりますので、どなたでも安心して操作を行うことができます。

ステップ㈰「入金」

ステップ㈪「反映されているかどうか会員ページで確認」

ステップ㈫「反映された情報をMT4で確認」

非常にシンプルな操作なので、初めての方でもほぼ迷うことなく入金することができるはずです。

入金に際して、その他の情報についても触れておきます。

(初回最低入金額)

・マイクロ:最大レバレッジ888倍→5 USD

      最大レバレッジ200倍→20,001 USD

・スタンダード:最大レバレッジ888倍→5 USD

        最大レバレッジ200倍→20,001 USD

・エグゼクティブ:100,000 USD

(初回最高入金額)

・マイクロ:最大レバレッジ888倍→20,000 USD

      最大レバレッジ200倍→100,000 USD

・スタンダード:最大レバレッジ888倍→20,000 USD

        最大レバレッジ200倍→100,000 USD

・エグゼクティブ:上限なし

XEマーケットにおける経済指標カレンダーはグローバル対応となっているため、日本のお住まいの場合のみならず、海外にいる際にも現地時間で確認することができるようになっています。 その際、重要度も三段階になっているために、広範囲の指標の中でも重要なポイントを見逃すことはありません。XEマーケットと引けを取らないくらいにシステムが安定しているのがハイローオーストラリアです。割と新しい業者ですが、今一番気になるFX業者です。