XEマーケットの「国内送金サービス」利用手順

国内送金を行うためには、まず送金先の銀行口座を取得してもらう必要があります。

その上で、ここではバイナリーオプションにおいて送金を行うための手順を詳しくご説明いたします。送金先の情報の取得に関しては「メンバーズエリア(マイページ)」から行うことができます。

ステップ㈰「メンバーズエリア(マイページ)にログイン」

ステップ㈪「言語バー(画面右上)で日本語を選択」

ステップ㈫「ツール(画面上部)から『入金』を選択」

ステップ㈬「入金方法の中から『Local Bank』の『入金』を選択」

ステップ㈭「表示された口座を確認後『続ける』を選択」

これらの作業を行っていただく際に、いくつか注意しなくてはならないポイントがあります。

これからご説明する注意点を事前によくご確認ください。

(注意1:送金手数料返金サービスについて)

XEマーケットでは入金の際に発生した手数料をユーザーの口座に返金するサービスを行っています。ただしこの送金手数料返金サービスは200USD、あるいはそれに相当する入金をしていただいたユーザーが対象となっています。そのため、上記した以上の金額を入金した場合は送金手数流雄を確認できるものの画像(たとえば明細など)を下記アドレスまでお送りください。

XEM:support@xmarkets.com

(注意2:名義が一致していることをご確認ください)

送金先の銀行口座の名義が、XEマーケットの取引口座名義と完全に一致している必要があります。新しく口座を作る場合には注意してください。

名義に関して問題がなければ「確認」ボタンを押すことによって、次の画面で送金先口座の情報を確認することができるようになります。

(注意3:リファレンス番号の記入について)

画面に表示された送金先銀行口座情報には、毎回異なるリファレンス番号が表示されます。これは画面上では「Your Payment reference」と表示されています。

送金を行う際には必ずここで表示されたリファレンス番号をメッセージ欄に入力するようにしてください。これを記入し忘れた場合には、最悪入金がなされない場合もありますので注意が必要です。

全ての作業が完了すれば、それから2〜4営業日で送金が完了します。

そしてその1営業日後には、入金額によって決められたボーナスがついてくることになります。

---------------------------

XEマーケットのボーナスとは


XEマーケットの特徴のひとつとしてボーナス制度があることが挙げられます。海外FXのほとんどがこのボーナス制度を取り入れています。

入金ボーナス制度は、なんと初回入金を果たしたユーザーに対して、その入金額の20%が24時間以内にボーナスとして付与されることとなります。

たとえば2,000USDを入金した場合だと20%ですので400USDがボーナスとして支給されることとなるのです。

ボーナスは取引口座に24時間以内に振り込まれるため、すぐに取引に運用することが可能にります。

このボーナスを現金として受け取ることも可能ですが、その際には入金してから3ヶ月以内に一定量の取引を行うことが条件となります。

その条件とはスタンダード口座、およびエグゼクティブ口座の場合、1ロット(10枚 / 100,000通貨)の取引ごとにボーナスの2USDが償還されるという仕組みになっています。

もし上記の例の場合、ボーナスとして支給された400USDをすべて現金として受け取りたいという場合には、約200ロットの取引を行うことが必要となってきます。

XEマーケットで用意している取引方法を使ってこの200ロットを運用するためには、デイトレードがもっとも適していると言うことができます。

そして大きなポイントは、この入金ボーナスは初回のみならずその後の入金に対しても発生するという点です。ただし、2回目以降からのボーナスは入金額の10%となります。

もしUSD以外の通貨で口座を開設している場合には、ボーナスの計算はその時のレートに合わせて変換され振り込まれることになります。

XEマーケットは、入金するだけでボーナスをもらうことのできる稀有な存在であるために、それが多くのトレーダーに評価されている理由のひとつとなっています。